ABOUT

本気になれる、仕組みと仕事

これまでの枠にとらわれない新たなサービスを生み出していくため、
エスプールには成長を後押しする育成制度、挑戦するチャンス、適切な評価制度があります。
本気になればなるほど、大きなステージで活躍できるのです。

新卒6年目執行役員

学歴、経歴にとらわれず、本人の活躍に応じた公正公平な人事評価を行っています。新卒6年目で執行役員となった社員のほか、派遣スタッフから執行役員になった社員や、新卒3年目で拠点長になった社員も。

20代社員の4割管理職

若手中心のエスプール。グループのなかには、正社員の平均年齢が20代の企業もあります。また、若手社員を積極的に管理職登用しており、グループ全体で20代社員のおよそ4割が管理職を担っています。

評価基準は結果と努力で50:50

エスプールの評価制度は、財務結果のみで判断しない多面評価。目標達成の基準も、売上達成度などの結果による評価は50%で、残りの50%は個々の行動目標の達成度によって評価されます。営業訪問数など、事前に上司と相談した行動目標が達成できたかどうか、つまり個人の努力も評価につながるのです。

教育費用は全国平均の5倍以上

キャリアコースによっては、「3年間育成プログラム」を実施。3年間は定期的に様々なリーダーの下でリーダーシップ技術を吸収し、集合研修では同期と競争しながら知識の向上に努めてもらいます。そのため、社員一人当たりにかける教育費用は全国平均の5倍以上。若手のうちから大きな仕事を担ってもらうための制度です。

ブーメラン社員歓迎

「ブーメラン制度」は、以前勤務していた社員が退職後、エスプールに再就職を希望する場合に受け入れを推奨する再雇用制度です。再就職したブーメラン社員のなかには、社外で学んだことを活かして執行役員になった社員もいます。

失敗した事業の数も20以上!?

現在、エスプール全体で動いている事業やプロジェクトの数は40以上に及びますが、一方で失敗、つまり打ち切りとなった事業の数も20以上あります。これは「失敗を恐れずチャレンジする!」というエスプールの行動規範故の数字です。しかし、こうした失敗の経験が次の事業、さらにはエスプールの成長へとつながっていくのです。